好きなことでお金を稼ぐビリーフチェンジ

心の声から、今の仕事の「好き&得意」がわかる5分類3分チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今日は、

  • 今の仕事がそこまで好きじゃないのかもしれないと思ったとき
  • 今の仕事が自分に合っていると思うか聞いてみたくなったとき
  • 今の仕事で得意なことが活かせているのかを見つめなおすとき

そんなときに、今の仕事や取り組んでいることが
「好きなことなのか」「得意なことなのか」
「好きなことが生かせているのか」
「得意なことが活かせているのか」

あなたの「心の声」からチェックする方法についてお話しします。
 

◆関連記事はこちらです!

1.「好きなこと」を見つけるための6つの質問

2. 未来を切り開く「絶対的得意」「絶対的強み」の見つけ方

 

上の図は、

お仕事や何かに取り組んでいるときに起こる
心の声を「好き × 得意」の組み合わせで分類したものです。

赤いグラフが長いほど「好き」で、
青いグラフが長いほど「得意」を表しています。

それぞれのケースを順番に見てみましょう!

 

①「好き&得意(左上)」の場合

起こりやすい心の声は「楽しい!向いてる!」です。

充実を感じていると、それが周りにも伝わるので
「なんとなく」楽しそうで、
「なんとなく」話しかけやすい雰囲気があります

(*本人が寡黙な人でも、話しかけても大丈夫っぽい雰囲気だったりします。)

私が①で思い浮かべたのは、
7年以上通っている銀座の美容室の美容師さんです。

カットの技術や接客もすばらしいのですが、
私が通っている理由はそれだけではなく、
空間の居心地がとても良いのです。

そんな居心地のよさは、美容師さんの
「仕事を楽しむ気持ち」「仕事を楽しんでいる気持ち」
からも生まれていると感じます。

 

②「好きだけど得意じゃない(中央上)」の場合

起こりやすい心の声は「趣味のままでいいかな…」です。

たとえば、

「イラストを描くのが好きだけど、
 イラストレーターになれるとは思えない」

「イラストを描くのが好きだけど、
 キャラクターデザインを仕事にしようとまでは思わない」

といったケースです。

この「趣味のままでいいかな…」は、
仕事としてやってみたけど「趣味のままでいいかな…」と思った。
という人は意外に少なくて、

仕事にすると好きじゃなくなってしまう(楽しめなくなる)
気がするから「趣味のままでいいかな…」と思う。
というケースが多いように思います。

(*つまり、実際にお仕事としてやってみて、確かめたわけではない。ということです。)

「仕事にすると好きじゃなくなる」というのは、
ビリーフ(思い込み、固定観念、自己認識)の1つなので、
ビリーフを変えたり、選びなおすことができます。

(*たとえば、もともとは趣味だったものを仕事にしたら、もっと好きになりました!/楽しくがっぽり稼いでます!/飛躍的に上達しました!という、「ビリーフの例外」となるような人や情報を見つけるといったことが、すぐに始められる方法の1つです。)

 

③「好きじゃないけど得意(左下)」の場合

起こりやすい心の声は「これじゃない気がする…」です。

人からは褒められたりするけど、
「いまいち嬉しくない」という特徴があります。

たとえば、
「○○さんがつくる資料って、
 いつもキレイにまとめられていて見やすいですね。
 今度の会議で使う報告書の作成をお願いできますか?」

みたいな話があったときに、
この人は自分をおだてて「仕事を増やそうとしている」だけなんじゃないか。
と思ったりします。

(*その仕事が増えてほしくない、いまいちやりがいを感じていない、といった思いがあるからです。)

自分が必要とされたり人から求められるので、
「これじゃない気がする…」と思いながらも、
その状態を続けてしまったりするのです。

自分の仕事とは関係ない社外の人に相談するのが
新しい風を吹き込む方法としておすすめです。

 

④「好きでも得意でもない(中央下)」の場合

起こりやすい心の声は「やることまちがえた。」です。

今の仕事(や働き方)が自分に合っていない、
向いていないと明確に感じやすく、
本来であれば、あまり迷わないのが特徴です。

つまり、部署移動の希望を出したり、
転職したり、独立したりといった
アクションを起こしやすい利点があります。

にも関わらず「好きでも得意でもない」仕事を続けていると感じるなら、
そこから、どんなベネフィットを得ているのでしょうか?

これによって、今のお仕事に対する捉え方、
自分の見方が変わってくるかもしれません。

(*この問いで得られる気づきはとても価値があると思います。)

1つの可能性として、
「誰かの期待に応えようとしている」ことがあります。

(*たとえば両親からの期待です。お父さんやお母さんからよく言われた言葉を思い出したり、その影響について考えてみてくださいね。影響を客観的に見ることで行動が変わります!)

 

⑤「ものすごく好き!(右上)」の場合

起こりやすい心の声は「やってるだけで幸せ!」です。

たとえば、釣りが好きで
「海に糸を垂らしているだけで満たされる人」とか
「魚が釣れても釣れなくても、その出来事を延々と楽しそうに話す人」などです。

短期的な結果にとらわれずに、自然と継続できて
気がついたら上達してました、といったことが起こります。

無意識に情報をキャッチしていたり、
大量行動が起こりやすいので、
半ば必然的に「得意にもなる」のです。

私が思い出すのは、
大学院のときに合氣道を教わっていた道場の師範です。

海外からも招かれて合氣道の稽古を
現地で開催するといった活動をされており、
初めてお会いした時は(身体の使い方や技術レベルが高すぎて)
同じ人間とは思えないほどの衝撃を受けました。

私は、その師範の「在り方が美しい」と思っていました。

合氣道ができる健康な身体があること
合氣道を伝えられる道場があること
合氣道と並行してできる仕事があること
合氣道が好きで稽古に参加する人がいること

そのすべてに、
師範が感謝しているように、
私には見えていたからです。

 

「ものすごく好き!」
「やってるだけで幸せ!」というのは、
すべてを肯定していく力があるのかもしれません

 

今日は、思いがけず、
私のコーチとしての「在り方のモデル」を
見つけてしまいました!

あなたのお仕事、取り組んでいることは、

①~⑤のどれに近かったでしょうか?

あなたの「好きなこと」「得意なこと」がお仕事になる。
お仕事に生かされることを、心から応援いたします。

 

品川No.1ビリーフチェンジ専門コーチ 北村卓也

ビリーフチェンジコーチング体験セッションの
詳細/お申込みは下記のリンクをご覧ください。

好きなことが仕事になる「ビリーフチェンジコーチング体験セッション」

北村卓也のコーチプロフィール

現在提供中の
メニュー/イベント/最新情報は こちら から

コメントを残す

*