自分軸のつくり方

起業のテーマを見つける方法(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160205_起業のテーマを見つける方法★

今日は、昨日の記事、
起業のテーマを見つける方法(1)の続編です。

私が起業のテーマを見つける時に、
起業塾で「自分史の振り返り」という
410個の質問に答えるワークをやって、
好きなこと、やりたいこと、価値観を
明確にしたというお話をしました。

 

410個の質問の後半は、
このようなものです。

213. 最初に就職した職場を選んだ理由は何ですか?
214. その理由について、現在はどう思いますか?
215. 当時は、将来の展望をどう考えていましたか?

・・・

271. 収入(売上)を上げるために、何をすべきだとおもいますか?
272. 現在の仕事で、金銭以外に得られるものは何ですか?
273. それが、あなたの人生の目的ですか?

・・・

291. 子供は何人欲しいと思いましたか?
292. それはなぜですか?
293. どんな家庭経済の計画を立てていましたか?

・・・

352. あなたは、自分の健康状態を把握していますか?
353. 家族と時間を共有できる趣味はありますか?
354. あなたが家族に負担をかけているのは、どのようなことですか?

・・・

358. あなたは、何歳で死ぬと思いますか?
359. あなたは、人生をどのように終わらせるつもりですか?
360. 人生最後の日まで、追及できる目標は何ですか?

・・・

408. あなたの人生において、あなたが最も求めていたのは何ですか?
409. それが、あなたの人生の目的になりますか?
410. その理由は何ですか?

(以上、410個です。)

 

私が書いた、360の質問の答えです。

コミュニケーションをより楽しく、魅力的で、
前向きな動機付けを与えるものにすること。

そして、408の質問の答えです。

「自信」だと思っていたが、実は自分が
自信を得るプロセスを経験することによって、
「他者が自信を得るために必要な能力」
を求めているのだと感じた。

私は、409の質問に対して、
それが人生の目的になると考え、

コミュニケーションで
他者を勇気づけることを

起業のテーマにしました。

 

そして、コーチングと出会い、
銀座コーチングスクールで学び、
プロコーチとして活動を始めました。

408の質問に、1番初めに
答えるのは難しいかもしれませんが、
幼児期からの質問に順番に答えることで、
自分の好きなことや大切な価値観がつながり、
確信をもって答えられるようになります。

この確信が、起業の決断力を生みました。

 

好きなこと、やりたいこと、価値観を
明確にするために始めたワークでしたが、
さらにもう1つ、私が得たものは、

自己承認でした。

文字にすることで、良いことも一見悪いことも、
成功も失敗も、好きな人も嫌いな人も、
すべてを経験した自分自身を認めることができ、
それが自己承認につながったのです。

これが、コーチとして、
私自身の基盤になっています。

現在、この「自分史の振り返り」
継続セッションでご提供しております。

☆関連記事:
3ヵ月/6ヵ月継続コーチングセッション

詳しくは、こちら からお問い合わせください☆

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*